MSカークレジット株式会社(以下、「当社」といいます。)は、加盟店等に関する個人情報の保護に努め、「個人情報の保護に関する法律」(平成15年法律第57号。以下、「個人情報保護法」といいます。)、関係法令、その他の規範を遵守するために、以下の各項の実施に努力致します。

 

1.個人情報の適正な取得及び利用

当社は、次の利用目的達成の必要な範囲において、適正かつ公正な方法で、個人情報及び保有個人データを取得し、かつ利用するものとします。

 

・カード会社への加盟店契約取次業務のため

・加盟店へのカード債権早期立替払業務のため

・加盟取引店、早期決済継続取引の判断、早期決済取引に基づく業務の提供のため

 

2.個人データの利用及び提供

当社は、個人データの第三者への提供を、ご本人の同意又は個人情報保護法その他の法令に基づき行うものとします。なお、個人データには、氏名、住所、電話番号、ファックス番号等加盟店様に関する情報を含みます。

 

3.個人データの共同利用

当社は、個人データをマーチャント・サポート株式会社と共同して利用することがあります。その利用目的は、上記1に定める通りであり、当該共同利用における管理の責任を有する者は、当社と致します。

 

4.委託先の管理

当社は、個人データの取扱を委託する場合には、当社の選定基準に基づいて委託先を選定し、個人データの安全管理のための措置を委託先に対しても確保できるよう十分な監督を致します。

 

5.保有個人データの開示等に関する公表

当社は、保有個人データの開示等の手続きに関して、以下の事項を公表します。

(1) 保有個人データの開示に関する請求

ご本人から保有個人データの開示を求められたときは、ご本人に関する本人確認を行った上で、かかるデータを書面により開示します。但し、開示できない場合もあり、その場合には、ご請求に応じられない理由を書面にてお答え致します。ご請求の仕方については、下記(3)をご覧ください。

(2) 保有個人データの訂正・追加・削除・利用停止・消去・第三者提供停止に関する請求

ご本人から保有個人データの訂正・追加・削除、利用停止及び第三者提供停止を求められたときは、ご本人に関する本人確認を行った上で、手続きを進めます。但し、ご請求に応じられない場合もあり、その場合には、ご請求に応じられない理由を書面にてお答え致します。ご請求の仕方については、下記(3)をご覧ください。

(3) 保有個人データに関する請求手続き

上記(1)及び(2)のご請求の場合、当社への電子メールの中に、ご請求の内容とともに、ご本人の氏名及び住所をご記載ください。ご本人の代わりに、委任状による代理人又は法定代理人(親権者又は成年後見人)からも、ご請求頂くことができます。その場合には、書面にて、代理人の方の氏名及び住所並びにご本人との関係につき、ご記載ください。後日、ご本人又は代理人の方に当社所定の申請書を郵送する際に、添付すべき書類(本人確認のために必要な書類等、委任状による代理人の場合には、当社所定の委任状等、法定代理人の場合には、法定代理人であることを証明する書類)等その他申請の方法につき、ご説明をさせて頂きます。なお、代理人の方からご申請頂いた場合にも、ご本人に宛てて書面で回答致します。また、上記(1)のご請求の場合は、1件につき当社手数料金1,000円及び別途発送にかかる実費を申し受けることがあります。

 

6.苦情等に関する窓口

当社は、上記5に定めるご請求に加え、当社の個人情報の取扱につき、ご本人からの苦情を次の取扱担当窓口で、受付ております。

 

Eメール: このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください

MSカークレジット株式会社
代表取締役社長 東山 正彦

電子メールの送信に関する免責事項

受信者への通知 : 当社から送信される電子メールは、送信者の指定する受信者にのみ送信されたものであり、機密情報を含んでいる場合がございます。当社から送信された電子メールに心あたりがない場合は、直ちに送信者に連絡の上、本メール及び本メールの添付物を全て破棄してくださいますようお願い致します。また、本メールの転送、印刷、コピー、開示、その他一切の使用は、固く禁止させて頂きます。電子メールには、コンピューター・ウィルスやその他の欠陥を含み得ること、また他のシステムに正確に複製メッセージが表示されないことがあります。また、送信者や送信者の指定する受信者が認識し得ないところで傍受、削除あるいは妨害される可能性もあります。当社はこれらの問題に関していかなる保証も致しません。準拠法に従い、当社はシステム間での電子メールを傍受、監視し、保持する権利を持つことをご了承ください。電子メールのメッセージに関連するリスクに関して安心できない場合、当社社員との通信手段として電子メールを使用しないことを選択することもできます。

 

トップに戻る